にほんブログ村 自転車ブログへ

2018年02月24日

『GARMINのバッテリーが…』

どうもいかん!

非常に弱っているようで身体が動かなくなりました。

有給休暇は無いというのに休んでしまいましたよ…

昨日、今日と連休ですな!

明日は日曜だから3連休になりますわ…

嫌な気持ちしか浮かんでこないわけでありまして、なんと言いますか…
自分自信に対する喪失感とか?とはちょっと違うか…
嫌悪感?とも違う…

まぁ不必要な人間はこの世から去れ!的な感じでしょうかね?

そして明らかに2年前と違うのは1日中激しい睡魔に襲われるということですね。
寝ても2〜3時間で目が覚めるんですよ!
そして寝て起きての繰り返しで身体が非常に怠くなります。

眠剤が残って眠いわけでも無いんです…
グッスリ眠れないのが原因でしょうかね〜……


そんな辛い気持ちを吐き出す独り言でした。
気にしないでください!





さて、最近少し気になっているGARMINのバッテリー!

ワタクシ、サイクルコンピューターはGARMIN EDGE520jを使っているわけですが…

使用期間およそ2年というところでしょうかね。

毎日使ってるわけではありません!

週末のみな感じではあります。

バッテリーの持ちがかなり悪くなったような感じが致します。

520jの通常使用は公称15時間稼働となっておりますが、購入当初はそのくらい稼働したような気がします。

現在はおよそ9時間程度で切れるかな?

9時間だと普通にロングライドしていて切れてしまいます。
夏だと10時間以上ライド出来ますからね〜

そこでバッテリー交換を自分で行おうと思ったわけですが、ネジらしきものが見当たらない!

素人が簡単に分解出来ないようになっているようです。
液晶部分が蓋になっているようですが、その蓋は接着されて密閉されております。

検索しても交換の例が無いわけです。
簡単に分解出来ませんから…

内蔵バッテリーさえ手に入れば自分で分解してしまう気にもなりますが…

この使用されていると思われるリチウムイオンバッテリーが手に入りにくい…
発火の危険があるからなんでしょうかね?

チームのDMで相談してみたところ…中国サイトから手に入るかもよ?みたいな情報は頂いたものの多少の怖さがありますね。

正規品でない中華製バッテリー…
爆発したりしないだろうか?

一時期中国製モバイルバッテリーの発火事故などがニュースでよくやってましたからね〜

しかしGARMINに送りバッテリー交換してもらうと16000円ほどかかるようで、かなり高額です。

中国サイトから買えれば3000〜4000円ほどなのに…

もう1個買ってしまうか、修理に出すか…自分でやってみるか…非常に悩みますね!


silver_ring0415 at 09:13|PermalinkComments(0)

2018年02月22日

『減量状況と脚の具合』

ふぅ………

ため息しか出ないような状態ではありますが…
病との闘いは想像を絶する過酷なものなのです。

いろいろとある中で忙しいのに気に掛けてくれる、助言をくれる友人がいるというのは非常に幸せなことであります。

大事にしていきたいものであります。

そんな独り言でございました。



さて、予定通り2月に入ってからというもの体調の悪さに耐えながらも減量生活に入っております。

減量生活に入りどのくらい減っているのかと申しますと……

逆に増えております!

何故か全く減りません!

特に大食いするわけではないし、食事量は減らしております。

代謝が落ちてきているということに繋がるわけではありますが…

昨年の同時期は減り始めで現在よりかなり体重があったせいもあり、順調に減っておりました。

ヒルクライムレースの初戦、4月をターゲットに減量していくわけではあります。

昨年1月に減量開始で4月までには6kgほど落としたわけです。

6月の富士ヒルに臨んだ際が1番減っていた時期で、そこからテンションが下がりジワジワと増えてしまったんですね。

今年は昨年より減量スタートの体重が少ないので甘くみていた面もあるかもしれません。

昨年の2月と変わらない体重まで増えてしまいました。
後1ヶ月半で何キロ落ちるだろうか…

今回糖質制限はかなり緩いものとなっているので、そろそろ本気でやらないとヤバイ感じです。


そして脚の状態ですが…

高い負荷、つまりヒルクライムなどでは次の日に若干の膝の痛みは出ますが筋肉のほうは通常の筋肉痛だけのようです。

平坦ではロングライド時に後半股関節付近に痛みが出たりしますが、ハムストリングスへのダメージは少ないようです。
(あまり使えてないだけの可能性もありますが…)

肝心の脚力のほうは…

これが1番肝心なわけですが、昨シーズンのラストに肉離れを起こす前の状態には程遠いという、軟弱な状態です。

実際のところ平地で30km/h巡行することすら出来ない!25〜26km/hで走ったら限界です…
まるで自転車乗り始めた頃のようです!

今シーズンも初戦は4月に入れてますが、レースに耐える脚力を取り戻せるのか?

チームの方々のストイックさが少しでもあれば…

さぁこれから病と闘いながらどこまでやれるのか!


silver_ring0415 at 00:57|PermalinkComments(0)

2018年02月19日

『日曜暴風ライド敢行』

体調が悪く非常に参っております。

土曜日は定例の病院だったわけですけど…

ここ最近の状態やら生活やらとカウンセリングいたしまして、ひとつの悲しい提案をいただきました。

「無理して酷い状態になるよりは、しっかり休んでリフレッシュしたほうがよい」
「また休職して身体も心も休ませたほうがいいのでは?」

うーん…
確かに最近非常に悪い状態ではありますが、再び休職に入るとワタクシ終わってしまうと思います。

会社の社則では確か同じ病気で2度の休職はできません。
当然[解雇]ということになります。

現在の1人生活することすらギリギリな状況だと前回同様、年老いた両親の援助が必要になるわけでありまして…
前回相当な負担を掛けただけに、これ以上は無理です。

なんとか踏みとどまりたいとこではあります。

なんだか自転車乗り回してる場合ではないような気もしますが…
心の状態を上げる為には自転車は欠かせないものではありまして…乗ってるのは楽しいですから!

そんな悲しい話でございまして、土曜の自転車は病院から帰ってきて少し近所を流した程度でございます。




さて、悲しい話はさて置きまして日曜日のライドでございますが!

睡眠が取れていないので非常に頭がボンヤリするわけではございますが乗らずに後悔するよりは乗ったほうが良い結果を生むということで…

当初は久々のチーム練についていけるとこまでついて行って離脱を考えていたわけではありますが、朝がどうしょうもなくダメで10時半頃のライド開始になりました。

時間的に山には行ける時間ではなく、軽く100km程度CRを流してこようと[関宿城]へ向け出発!

朝から風が強く予報では5〜6mということだった割にはかなり強い…

[関宿城]まではほぼ追い風な感じ…城でそこそこ休憩し、利根川サイクリングロードを[道の駅はにゅう]目指して行きます。

利根川サイクリングロードに出ると、すでに暴風!

工事現場の吹き流しが真横に向き荒れ狂っております。
風速10m以上は確実です。
北西方向に進む為に完全に向い風…全くスピードは出ず、まさかのインナーローまで使うはめになります。

あまりの暴風に何度か「今日はもう無理だろ〜」と挫けそうになりながらも、とりあえず行けば帰りは追い風ヒャッホー!かもしれないと必死にペダルを廻します!

途中風の避けられる建物[カスリーン公園][加須サイクリングセンター]でタバコ休憩を行いさらに西へ!
ようやく[道の駅はにゅう]のある[昭和橋]が見えてくるも、10km/hほどしか出ず…なかなか着かない!
既に行きだけで相当脚を削られ[道の駅はにゅう]に到着…[関宿城]からおよそ30kmほどでしょうか?休憩込みで2時間半〜3時間近くかかってしまった。

普段の倍くらいでしょうかね…

[道の駅はにゅう]で建物内に入りわずかばかりの暖を取り…(インナーは汗でびしょ濡れです)

汗で濡れたインナーが冷えて超寒い感じになり帰りもある程度負荷をかけ身体を温めるしかなく…
完全に高強度練になってしまった(笑)

[道の駅はにゅう]を後にすると、思惑と違い横からの暴風!
風に煽られ斜めに傾いたまま自転車を必死で走らせるという…
若干風向き変わったんじゃ?

利根川は…というか川は右に左にとクネクネとするので同じ方角に向け真っ直ぐではない!

なので所々で思惑外れな風向きであっても不思議ではない…

横からの暴風にガッカリしながらも、ある程度行くと待ってました!の追い風区間に…

40km/hオーバーでの巡行なんて追い風がないとできませんよ〜!

行きでかかった時間の半分以下で[関宿城]まで戻ってきてしまいました。
これで利根川CRセグメントの自己ベストは2度と塗り替えることは出来なくなってしまいましたが…

また台風でも来てる時でもやるか?(笑)

追い風区間もかなり強度上げてきてインナーが濡れて寒い!

寒さを堪えながら本日のライドは終了!
結構な感じに筋肉痛が残り100kmには満たなかった割に、いい練習になり心の状態もベスト!

それでも…まだまだ去年の脚力には程遠い感じです。

向い風、追い風共に強度上げていってもAVG23km/hに満たない結果でした。
なんといっても心肺以上に脚が先に怠くなってしまうという…昨シーズンは心肺が先に終わってたので脚力低下が最大の難点

せめて平地巡行30km/hオーバーにもっていかないとチーム練にはとてもついていけません…


silver_ring0415 at 01:30|PermalinkComments(0)