にほんブログ村 自転車ブログへ

2017年10月30日

『思い…』

なんだか自転車乗ってないし…

自転車乗りが自転車乗れずにどうすりゃいいんだ?(>_<)

脚を治す為とはいえ…

乗りたーい!乗りたーい!乗りたーい!

という気持ちと反面、壁に掛けられた自転車を見る度に自転車もういいかなぁ(;´д`)
やめてしまおうかとも思います。

まだ赤城HCに出た状態のまま…
BORAを履いたまま壁に掛かっております。

見るのが凄く切ないです。

実際どうなんでしょ?
筋肉は落ちて、体重は増えて……

そこまでヤル気になるのかどうか(;´д`)


silver_ring0415 at 12:33|PermalinkComments(0)

2017年10月28日

『水泳開始』

何かと落ち込むことが多い今日この頃です。
なんとか保ってはいるものの…
心身共に疲れ果てグロッキー寸前です。

もうひと押し!
「相手はフラフラだ!」
「ボディだ、ボディを狙え!」

うん、もうひと押しで完全に破壊できます。


まぁそれは置いておいて…


先日医者から捻挫のほうは良くなったようだし、痛みがなければ泳いでも良しということでお許しが出たのでスイミングを少々やっていきます。

だいぶ腿の痛みは引いて、今までにないほど?な具合にはなっていると思うんですが無理したのではペダル廻すことを休んでる意味が無いので…

しかしワタクシ…泳ぎがヘッタクソなんでありましてσ(^_^;)

進まないモーターボートなんて言われてましてね…
もしくは溺れてる?って感じで…
バタ足の水しぶきが凄まじい割にちっとも前に進まないんであります。

今行ってるプールでそんな事してたら恥ずかしいですねσ(^_^;)

よく見てると泳ぎの上手い人のクロールですが、バタ足の水しぶき全然あがらないんですよね( ゚д゚)

根本的に泳ぎ方が違うんだと思います。

クロールを披露することは…ないでしょう(>_<)
バタ足はかなり太腿に負担がかかりますからね。
それに水泳は有酸素運動と言われるのに無酸素運動なほど心拍上昇します。
25mも泳げば息も絶え絶え……む、むり
Σ(゚д゚lll)

プールはリハビリなので30分くらいは歩きます。

あえて泳ぐことの意味は心肺機能の強化と体力アップです。
有酸素運動ということでダイエットも兼ねます!

なので平泳ぎで延々泳ぐことを目標としていきます。

実は平泳ぎもヘッタクソなんでありますが…
進まないんであります(笑)

何故かなぁと調べていた所……

ちがーう!

全然ちがーう!

平泳ぎってこんななんだ(笑)

凄く難しいんですね(>_<)

手と足一緒に動かしていましたわw

[伸びるー蹴るー伸びるー掻くー呼吸する]といった動作でした。
手足同時じゃないんですね(笑)

呼吸するときも後ろから見てると背中まで水上に出てくるんですよね〜!

出来るのか?( ゚д゚)

動画を見てイメージを掴みプールで実践練習!

なかなか思うようにはいきませんよねw

水泳選手になるわけではないので適当でも構わないんですが…
出来ることなら不恰好に泳ぐよりはスマートに泳ぎたいですよねぇ(つД`)ノ

しかし泳いでいると少し変な気持ちになってしまいまして…
【日本マスターズ水泳】に出ちゃおうかしら?なんて訳わからない気持ちになってきまして(笑)

「ヘッタクソな泳ぎでおっそいクセに?」

全然登れないクセにヒルクライムレースなんて出てるからかしらね?

意味もなく競技大会に出たくなってしまいます。

本気で平泳ぎの練習しちゃおうかしら?(笑)







silver_ring0415 at 07:43|PermalinkComments(0)

2017年10月27日

『立ち姿勢』

朝がめちゃめちゃ寒いですね(>_<)
なかなか[おふとぅん]から出られないんではないでしょうかσ(^_^;)

歩くというのは身体にも心にも良いようですよ!

朝起きて、朝日を浴びながら軽やかなステップ踏んで朝の軽いジョギングもしくは近所を軽く散歩なんてどうでしょう?
新しい発見があるかもしれませんよ!

ワタクシはまっぴらゴメンですけどね
( ̄∇ ̄)ハハハハハ
朝が非常に弱いんでございます。

あまり寝てないので朝もなにもあったもんじゃないんですけど…



昨日は『歩き方』について考察してみました。
では今日は『立ち姿勢』いってみましょうかね。

日本人の歩き方でも言ったように、日本人は姿勢が悪いです。
ただでさえ背中が丸まった状態の人が多いのに、最近話題?の[スマホ]の普及により、さらに姿勢の悪化が進んでおります。

それによりストレートネック【スマホ首】なんて現代病もできましたね(>_<)

人間の1番重い[頭]を支える為に首の骨は湾曲しているのですが、スマホの使い過ぎで頭を僅かに前に傾けた状態で首の骨が真っ直ぐになってしまうというものです。

壁面に立ち肩甲骨を壁に付けた時、自分で意識しないと後頭部が壁に付かないのはストレートネックの可能性があります。

これによりどんな弊害があるかと申しますと…慢性的な頭痛、肩こり、腰痛等があります。

1番重い頭を首の骨で支えられていないので、身体の他の部分に無理がかかっているということですねd( ̄  ̄)

人間の身体は常にバランスを取ろうとしています。
どこかバランスを崩すと他で補おうと勝手に反応するわけです。

便利に出来ていますね〜!

『立ち姿勢』と関係無くなっちゃいましたな(>_<)

で姿勢ですが…

ワタクシ自体真っ直ぐ立っているようで、チームのHIROZOさん(バラモンキングというロングのトライアスロンを完走した凄い人なんですよ)いわく普通に真っ直ぐ立ってはいるが、正確には真っ直ぐではないと…

なかなか難しいのですが、骨盤の傾き、背骨の湾曲具合とか素人にはわかりにくいんであります。

そこでHIROZOさんに教えられた方法で立つ練習をします。

壁を背にして立ちます。

下から順に壁に付けていきます。

踵、脹脛、尻と…

臀部はなるべく下のほうをつけるようにすると骨盤の傾きがベストな位置に来るようです。
(お尻が垂れ下がってるからかな?)

そして難しいのは背中です。
お尻を付け、腰のほうから背骨を意識して背骨の下から順番に壁面に沿わせていきます。
その際お腹が出てしまわないように!
そして胸を張り肩甲骨までぴったりつけたら後頭部まで付け完成です。

ワタクシ背骨のS字の曲がり具合がキツイようで腰のあたりからは背面をどこか掴んで引っ張っていないと無理です。

普通に壁面に付いてみると腰骨あたりの空間に拳1個余裕で入ってしまうほどの曲がりっぷり…
これが普通にゆるやかなS字になると背が伸びるそうです∑(゚Д゚)

一般的に綺麗に立つには頭から糸で吊るされているかのように…
との記述が目立ちますがアバウト過ぎてよく分からないですよね。

こうして真っ直ぐな壁面を利用して立つ練習をすると、いかに自分の立ち姿勢が真っ直ぐでないかがよくわかります。

しかし…人間の身体って難しいですね〜
優秀過ぎてσ(^_^;)

多少の崩れは自動修正ですもんね
なるようになってしまう所から壊れるまで気がつかないという逆に恐ろし過ぎます。


silver_ring0415 at 05:56|PermalinkComments(0)