にほんブログ村 自転車ブログへ

2017年04月21日

[ツールド八ケ岳]決戦編パート2

さて、ツールド八ケ岳に参戦の続きになります。

ハーフコース(15km)のゴール地点(八千穂高原スキー場)では給水所になっており、紙コップに入った水を渡してくれる。

ここで先ほどのパワージェルのゴミを給水の先頭にいた男性に「ゴミお願いします!」とポケットから出して手渡す!

きっと受け取った男性は「うわぁ〜∑(゚Д゚)きったねぇ」ってなったに違いない…

ベタベタなゴミ渡してごめんなさいm(_ _)m

そして次の女性から紙コップを受け取り、豪快にこぼしながら口に入れる!

そして…カッコよく横に紙コップを放り投げる♪( ´θ`)ノ

やってみたかったやつや〜(*´꒳`*)

やや平坦なこの区間を過ぎると再び一気に斜度が上がる!

ダンシングを入れて溜まった乳酸を少し抜きたいんだが…
立ち上がると大腿部はかなりヤバイ(ㆀ˘・з・˘)

いつもの筑波山で一本目15kmでこんなになることは無いんだけどなぁ…

仕方ないのでシッティングのまま、脚を労わりつつ踏んでいく!
最近学んだ《骨で踏め!》

全然感覚がわからん(-_-)
骨には神経通ってないわ!

既に心も折れそうな所である…

脇に寄せ自転車から降り、脚をモミモミしている選手がチラホラと見受けられる。
自分より若いクラスの人だ…

(´-`).。oO(充分頑張ったし降りて脚モミモミしたらいいんじゃね?)

心拍数もかなり下がっている150前後からもう上がらない。

約18km地点で少し早いが補給食Bだ!

これで補給だ!


………………

………………

( *`ω´)うぬぅ…

前半のパワージェルに似た感じの甘ったるい感じだ…

しかし!
効果の程は…かなりイイ!(´∀`)

脚の攣りそう感が消える!
マジかΣ(゚д゚lll)

ダンシング……出来る!

しかしこれで補給食は使いきった。
ボトルも残りわずか…

まだ7km近くありはずだΣ(-᷅_-᷄๑)

一気に行くわけにもいかず、最後まで持たせる為に我慢のペダリングをする

脚は復活するも果てしなく長い(T_T)

もうゴールして、下ってくる人もチラホラ見かける
「ファイットー!」「がんばれ〜」っと声を掛けられるも返す言葉すら出ない…

コースを下見すらしてないので、あとどれだけ頑張ればいいのかもわからない…
そして気温もグングン下がり指先が冷たい。

GARMINで22kmほどの所で急に下りが現れる…

確かリサーチによるとゴール手前の勝負ポイントとして少し長い下りがあるって話だ(゚ω゚)

ってことは…まもなくゴールか?

迷いながらもこの日最速の48.5km/h踏んだ!
すると次に現れたのは10%以上の激坂だw

下りの後の激坂は壁にしか見えん!

脚も相当冷えてしまい、正直ここが1番キツイ…いや、誰でもそうかもしれない。

自分は寒さに弱い!暑さにも弱いんだが…
特に寒いと力が全く出なくなるʅ(◞‿◟)ʃ

いつの間にか太腿とハム筋の攣りそう感よりケツ筋のヤバさのほうが酷くなっている!
普段はあまりケツ筋を使えていないようで、そこまで痛くなるような事はまず無い

この限界局面にきてケツ筋を使うペダリングで廻すことが出来ているようだ…

そうなると次に来るのは腰だ!

ケツ筋のペダリングには体幹も重要になってくる…

ようやく建物らしいものが見えて人が多勢立っている!
ゴ、ゴールか?
沿道から「あとちょっと!」「がんばー」と声援を送られる…

まだあるのかょ…(;ω;)

あと500mの幟がある。

普段使わないケツ筋も限界な為、ダンシングで攣りそうなハム筋を目一杯使う!

500mってなげぇ…

最後の力を振り絞ってようやくゴール!

長かった…かろうじて2時間を切る
その場にヘタリ込む…

大の字になり寝ている人もいる…

が、あまりの寒さに早く上着を着たい!

荷物受け取り場所は500mほど下にある

ゴールの麦草峠の写真を撮りたいが荷物と一緒に預けてしまって撮れない…残念だ(ㆀ˘・з・˘)

さて下るかと、立ち上がろうにもケツ筋が痛くて立てないw

ヨボヨボとお爺さんのごとく立ち上がり、自転車に跨り計測チップを外してもらう。

少し行くとひと口チョコを配っている。

し、しみる…(;ω;)うまい…

ゆっくりと500mほど下り、預けた荷物を受け取る
ようやく終わった感がある

ジャンバーを着て座りこむと暫く動けない(>_<)

全身から痛みが…
特にケツ筋の痛みが半端ない!

脚が上がらない(;ω;)

暫くボーっとして寒いので八千穂高原スキー場まで下り始める。

八千穂高原スキー場では無料で温かい『なめこ汁』がいただけます。

こういう瞬間、ぼっち参戦時は寂しいですよね〜(;´д`)
それを承知での参戦なのでいいんですけどね。


実質23kmほどではありますが、2時間を切れたのは自分の中では満足!

トップの招待選手であるホセ選手は驚異の1時間切りですけどね(笑)




[ツールド八ケ岳]反省編へ続く…


silver_ring0415 at 12:11│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字